HOME > JOCSが行っている海外へのワーカー派遣について > JOCS海外派遣ワーカーとスタッフの紹介

ワーカー派遣

JOCS海外派遣ワーカーの紹介

岩本直美 

バングラデシュ派遣ワーカー

(看護師)

山内章子

バングラデシュ派遣ワーカー

(理学療法士)

弓野綾

タンザニア派遣ワーカー

(医師)

 

バングラデシュ(Bangladesh)岩本直美(いわもとなおみ・看護師)

ラルシュ・マイメンシン・コミュニティは、知的な障がいのある人と障がいのない人が共に暮らすコミュニティです。岩本直美ワーカーは2008年5月にマイメンシンに赴任し、このコミュニティが地域に受け容れられ、バングラデシュの人々によって支えられるよう、人材育成と人との輪づくりに力を入れています。2016年8月よりバングラデシュに再赴任し、6期目の活動に入りました。

<2016年度の活動の成果>

バングラデシュ国内で積極的に寄付を集めました。地元のロータリークラブ等を中心に、人の輪が広がり、定期的なバングラデシュ国内の寄付者が増えつつあります。社会福祉事業として政府の認可を受け、知事や警察等マイメンシン県の各行政機関とも良好な関係を築くことができました。

larche

<岩本ワーカー派遣先:ラルシュ・マイメンシン・コミュニティ>

ラルシュ・コミュニティは、ジャン・バニエによって始められた知的ハンディを持つ人とアシスタントが一緒に暮らすコミュニティ(共同体)です。フランスで最初に設立されて以来、世界中にひろがり、今では38カ国に150を超えるコミュニティがあります。

岩本ワーカーの派遣先ラルシュ・マイメンシン・コミュニティはテゼ共同体の故ブラザー・ブランクにより始められ、二人の男児(ショハッグとリコ)が2002年9月に最初に迎えられました。現在では、3つの家に家族のいない21名の知的ハンディのある青年男女がアシスタントとともに暮らしています。ロウソクやカード作りを行う作業所と、重い障がいのあるメンバーたちが通うレインボウティーム(成人のデイケアプログラム)があり、地域からも20名ほどの障がいのあるメンバーが週5日通ってきます。さらに様々な理由でラルシュに毎日通うことが出来ない20名ほどのメンバーたちのために、家に暮らす障がいのあるメンバーとアシスタントたちが彼らの家を訪問しています。

障がいのあるメンバーの9割以上がムスリムで、アシスタントはムスリムとクリスチャン、そして理事会は更にヒンドウのメンバーもおり、異なる宗教の者がともに祈り、ともに暮らすコミュニティです。

http://larchebangladesh.wixsite.com/larchebangladesh

 

TOP

バングラデシュ(Bangladesh)山内章子(やまうちあやこ・理学療法士)

山内章子ワーカーは2007年7月からマイメンシン県の障害者コミュニティセンター(PCC)を拠点としながら、他の障がい者施設でも理学療法の改善に取り組んできました。第3期(2015年6月から3年間)の活動の柱は、①現地の理学療法技術者を、指示がなくても施術できるように育成すること、②障がいのある女性たちが主体的に生きていく力を育むことです。

<2016年度の活動の成果>

第2期から育ててきた理学療法担当者は独立して活動できるようになり、今では彼らがPCC、カイラクリ・クリニック(タンガイル県)、障がい者センター(ディナジプール県)で人々に理学療法を提供しています。また障がいのある女性たちが集うPCC・女性クラブでは、社会参加や収入向上のため手工芸品ブランドを立ち上げました。

山内章子

TOP
<山内ワーカー派遣先:障がい者コミュニティセンター>

障がい者コミュニティセンター(PCC:Protibondhi Community Centre)は長年バングラデシュで障がいのある人々とともに歩んできた故ブラザ-・フランクを中心とするテゼ共同体(※)のブラザーの尽力によって1997年に設立されました。マイメンシン市内の限られた地域内で、障がいのある最貧層の人々に補装具や医薬品を届けるささやかな活動から始まりました。やがて様々な必要に応える複数のプロジェクトが立ち上がり、補装具や医薬品の支援に加えて、理学療法を提供したり、生計向上支援や職業訓練、さらに障がい者の尊厳や人権保障、公的社会保障の実現といった「開発」の側面を重視した活動にも取り組むようになりました。特に孤立しがちな障がいのある女性たちの分かち合い、読み書きをはじめ生きる術を学ぶ場、互いに心身をケアする場づくりにも力が入れられています。地域的にもマイメンシン市内だけでなく、市外の村落に暮らす人々の必要にも応えています。
なお、山内ワーカーはPCCを拠点に、近隣県の障がい者支援団体も訪問し、理学療法士の指導・育成を行っています。

※テゼ共同体とは:
1940年にフランスの寒村テゼTaizeでブラザー・ロジェによって始められた超教派の男子修道会です。バングラデシュには1974年からブラザーたちが滞在し、チッタゴン、ダッカを経て1987年からマイメンシンに共同体がたてあげられています。障がいある人々に手を差し伸べるほか、貧しい学生への支援なども行っています。ベンガル人だけでなく、多くの少数民族の人々とも、ともに労し、ともに祈る共同体です。

TOP

タンザニア(Tanzania)弓野綾(ゆみのあや・医師)

 タンザニア、タボラ州において、炭水化物中心の食生活や生活習慣の変化によって、糖尿病や高血圧などの慢性疾患が増えており、これらの病気の治療や病院スタッフのケア能力向上が求められています。弓野ワーカーは聖アンナ・ミッション病院での診療を通じて、現地スタッフへの技術移転などを行っています。2016年4月から週1回病院で慢性疾患外来を開始し、タボラで慢性疾患の治療を受けられる患者が増えることを目指して活動しています。また、タボラ大司教区保健事務所(TAHO)に対して診療統計データ分析や巡回視察、講座開講などに協力しています。

<2016年度の活動成果>
慢性疾患外来を開始したことにより、慢性疾患の治療を適切に受けられる患者が増加しました。患者数の増加に伴い、2017年3月から慢性疾患外来が週1回から2回に増やされました。受診する患者の数が増加しただけでなく、継続して通院している患者の血圧にも改善が見られています。



<弓野ワーカー派遣先:タボラ大司教区保健事務所>
タンザニア国内にあるカトリックの6つの大司教区のうちのひとつであるタボラ大司教区は、教育、保健、職業訓練などの部門を有しており、保健事務所はタボラ州にある10の保健医療施設(病院や診療所など)を管轄しています。JOCSではこれまでに清水範子助産師、宮尾陽一医師、倉辻忠俊医師をタボラ大司教区に派遣しました。

TOP

  • 活動紹介
  • ワーカー派遣
  • 奨学金支援
  • 協働プロジェクト
  • 使用済み切手運動
  • 会報最新号とバックナンバー
  • キッズJOCS
  • JOCSブログ
  • ニュース
  • 講師派遣プログラム
  • 事務局訪問
  • ネパール大地震支援活動
  • JOCS Facebookページ
  • メールニュース
  • JOCS You Tube チャンネル
  • リンク集
  • かざして募金
  • きしゃぽん
  • Just Giving Japan
  • アカウンタビリティ2012

個人情報の取り扱いについてサイトマップ