HOME>支援・参加の方法>使用済み切手などを寄付する>ハガキを寄付する

支援・参加の方法

ハガキを寄付する

【お願い】 書き損じハガキ等はお手元に保管してください (5/1更新)

日頃、使用済み切手運動にご協力いただき、ありがとうございます。
JOCSは、この度の新型コロナウィルス感染拡大防止のため、切手等を整理するボランティアさんの活動休止を継続することにいたしました。また、社会的要請に応えるため、4月7日から職員は原則として在宅勤務とすることにしました。

つきましては、大変申し訳ございませんが、使用済み切手、書き損じハガキ、未使用ハガキ、外国コイン、未使用切手等のご寄付の受付を休止しておりますので、ご協力をお願いいたします。状況によって変更がある場合には、お知らせいたします。
また、すでにお送りいただきました方につきましては、ボランティア活動の休止により受領書の発行ができませんので、大変申し訳ございませんが、ご了承ください。なお、受領書が必要な方は、お申し出ください。
よろしくお願いいたします。  (5/1更新)

 

JOCSでは、書き損じハガキや未使用のハガキを集めて、国際保健医療協力活動に役立てています。

あなたの書き損じハガキでできること

10,000枚の書き損じハガキ*(*62円ハガキの場合)で、例えば、アフリカ・タンザニアで看護師になるために必要な3年間の勉強を支援できる金額相当になります。

ハガキの寄付のしかた

 JOCSに書き損じたハガキや使い残したハガキをお送りください。

 送付先
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-51 JOCS東京事務局 切手部
 TEL 03-3208-2418

  • 未使用のハガキもお送りいただけます。
  • 枚数が多い場合は、ゆうパックや宅配便をご利用ください。
  • 送料はご負担ください。
  • 個人情報が記載されたハガキは、郵便局で切手や新しいハガキに交換するまで厳重に保管いたしますが、気になる方は、黒マジック等で消してください。
  • 金額を記載した領収証は発行できません。