活動進報告No.1 ベースライン調査(2014年11月)

1年近くの準備期間を経て、いよいよプロジェクトがスタートしました。5年間の協力期間を想定しつつも、最初の1年間は試行期間として位置づけることとしました。巡回指導にあたるヘルスセンターのスタッフは、医療知識はあるものの、教える経験が必ずしも十分にあるわけではないため、実施経過や学校・子どもたちの反応を見つつ、学校授業における保健教育の導入として、ヘルスセンタースタッフによる巡回指導がアプローチとして適当か見極める予定です。現地モニタリング調査では、理解度を測るテストの実施の様子も確認しています。

さらに関係者との話し合いにより、1年次は当初予定した4校に加え、追加で2つの学校も巡回することとし、対象児童も想定した6年生の他に、4、5年生も対象とすることにしました。6年生のみだと人数が少ないことや、就学が遅れ、年齢の高い4、5年生も多いことから、対象学年の拡大を決めました。

またベースライン調査が必要と判断し、試行期間中に
 ①既存統計・文献調査による受益者の基本データ収集・整理、
 ②受益者(児童・生徒)のプロジェクト開始時知識レベルの確認(一斉テスト)、
 ③10名の児童・生徒のサンプル調査
を実施すべく、調査者との調整を開始しています。

理解度テストを受ける子どもたち

理解度テストを受ける子どもたち

爪のチェック

爪のチェック

その他のプロジェクト進捗報告

活動進捗報告No.4  第3年次の活動報告(2018年1月)

活動進捗報告No.3 第2年次の活動報告(2017年2月)

活動進捗報告No.2 試行期から本格展開に入りました(2015年10月)

活動進捗報告No.1 ベースライン調査(2014年11月)

案件立上げ準備報告(2014年7月)

 

  • 使用済み切手運動
  • 会報最新号とバックナンバー
  • キッズJOCS
  • JOCSブログ
  • ニュース
  • 講師派遣プログラム
  • 事務局訪問
  • JOCS Facebookページ
  • メールニュース
  • JOCS You Tube チャンネル
  • リンク集
  • かざして募金
  •     
  • アカウンタビリティ2012

個人情報の取り扱いについてサイトマップ