HOME>支援する>使用済み切手などを寄付する>使用済み切手運動Q&A集

支援する

使用済み切手運動Q&A集

使用済み切手の収集について

なぜ使用済みの切手を集めるのですか?

使用済みの切手をたくさん集めて、使用済み切手収集家のみなさんに換金してもらいます。 換金したお金と、JOCSが冬と夏に頂く募金や、JOCSの会員のみなさまの会費などと合わせて国際保健医療協力のために使います。

なぜ使用済みの切手がお金になるのですか?

スタンプが押された切手を趣味で集めている切手の収集家がたくさんいるからです。収集家のみなさんは、切手の種類とスタンプの種類によって集めますが、収集家の好みによって、その種類はさまざまです。

どれくらいでどのような役に立つのですか?

切手はおよそ7.5キロで平均して約1万4000円くらいで換金されています。7.5キロで約37千枚強くらいになります。したがって、計算しますと1枚が30銭くらいになります。ただ、こちらの医療協力は、物資協力ではなく、人材派遣、人材協力になります。また切手の換金だけではなく、募金や会費などと合わせて、JOCSの事業に役立てており、切手の枚数や重さが直接どのくらいのことに役立つか?という換算が難しいのです。

どのように役立つのですか?

切手そのものが役に立つのではなく、切手収集家に換金してもらい、お金にしてJOCSの国際保健医療協力にかかる費用の一助とさせていただいてます。国際保健医療協力とは、海外の保健医療事情に恵まれない地域に、医師や看護師、保健師などの医療従事者を派遣すること、現地の医療従事者に学資援助すること、現地の人々や現地団体と協力して保健医療活動を実施することです。これらのための資金の一助となりますが、使用済み切手だけではなく、募金や会費などを合わせて、総合的に役立てております。

どうやって集めるのですか?

みなさんの家や学校、職場などにある、郵便物の封筒に貼ってある切手を、切手のまわり約1センチ離して台紙ごと切取ってください。それをためて、JOCSに送ってください。

集めた使用済み切手は海外に送られるのですか?

切手は、日本国内の切手収集家に換金していただき、JOCSの国際保健医療協力の費用として役立てます。外国に直接送るわけではありません。

他には何を集めているのですか?外国コインのユーロ以前も集めていますか?

書き損じハガキ、外国コイン(ユーロ以前でもOK)、海外の紙幣(ユーロ以前もOK)、日本の古銭、旧紙幣も集めております。

切手を送ると?

切手を送った場合には、受領書はもらえますか?

はい、基本的にはお礼のお葉書を発行しております。 ただし、本来受け付けていない着払いによって送付された使用済み切手や、JOCSが集めていないコレクション品などに関しては、基本的に受領書は発行いたしません。

受け取りはもらえるのですか?

切手を頂いた場合には、受領ハガキを必ずお出ししております。また不要の場合は、そのむねお知らせくだされば出しません。

受領枚数や重さを書いてもらえますか?

皆さまから頂いた切手の枚数を数えたり、重さを計ったりすることはいたしておりません。ただ、皆さまが各自で数えてくださった枚数や重さを皆さまのご要望に応じて、受領証に記入してお送りすることはしております。送ってくださる切手の中に枚数や重量を書いた紙を同封し併せて「枚数記入希望、重量記入希望」とお書き添えいただいた場合は、受領はがきにそのむねご記入してお送りいたします。よろしくお願いいたします。

JOCSに切手を送ると換金してくれるのですか?

しておりません。 JOCSが行っているのは、皆様からの善意のご寄付で頂いた切手を独自のルートで換金し、JOCSの国際保健医療協力の資金として活用するということです。 皆様のお手元の切手を換金することは一切しておりません。

JOCSが換金している業者やコレクターを教えてください。

申し訳ありませんが、これらの情報は公開出来ません。切手の換金をしてくれる業者や収集家のみなさんも、一般の募金をくださる方々と同じです。募金寄付者や会員様の個人情報を公開できないのと同じことなのです。

JOCSに協力をしている日本全国の切手回収団体を教えてください。

申し訳ありませんが、JOCSに協力を頂いている団体名などは、公開しておりません。また、JOCSが把握していないけれどもJOCSに切手をご寄付くださっているところもあるかと思います。いずれにしても、送料の問題など含めてそれらの団体とJOCSとの間で、地域における使用済み切手受け入れに付いての協定、約束などをしておりません。 誠に申し訳ありませんが、直接、JOCSの事務局にお送りくださいますよう、お願いいたします。

使用済み切手の送り方

切手を送るにはどうすれば良いのですか?

封筒に入るくらいの量でしたら、封筒に入れて送ってください。外国の切手とはがした切手は、日本の台紙付と混ぜないようにしていただけると助かります。また、たくさんある場合は、小包や宅配便などでお願いいたします。

未使用の切手も送って良いですか?

未使用の切手も役立ちます。郵便局で他の新しい切手やハガキと交換し、通信費として間接的に利用させていただきます。

切手をはがしてしまいました !

基本的にははがす必要はありません。もしはがしてしまった切手がありましたら、台紙付のものと別にした状態で送っていただければ助かります。

はがした切手も送って良いですか?

すでに台紙からはがしたものがあれば、台紙付きのものと別にして送ってください。ただし、台紙からむしったものは扱えません。 綺麗に水はがしして、しわや折り目のないものに限らせて頂いております。

消印は残さないのですか?

1cmくらいを基準に残せそうであれば、1cmより大きくなっても残してください。

なぜ切手の回りを切り取るのですか?

確かに切手の収集家の方達は、封筒のまま集める人もいます。しかし、封筒で集めますと、ものすごくかさ張ってしまい、たくさん集めることが難しいのです。たとえば100枚集める場合、切手だけを100枚切取ったものと、封筒100枚とで比較すると分かると思います。使用済み切手は、たくさん集めることで、収集家がめざす珍しい消印なども見つかる可能性が高くなります。

切手の回りを切り過ぎてしまいました!

切手のまわりは1センチ以上離して切取っていただければ、ありがたいです。ただ、消印は途切れてしまっても構いません。 もし、あとちょっと残せば消印は入るんだけどな~、、と迷った時は、なるべく残してください。

郵便局で印字されるシールの切手(メータースタンプ)も送って良いですか?

メータースタンプは、現在集めておりません。

台紙が付いた消印漏れの切手は別にするのですか?

別にしないで、そのまま普通の切手の中に入れてください。消印漏れの切手も使用済み切手として換金されるからです。

台紙が付いた消印漏れの切手も未使用切手としての扱いになりますか?

これは未使用切手の扱いにはなりません。使用済み切手と同じ扱いです。消印漏れの切手は、使用済み切手として換金されます。

台紙が付いた消印漏れの切手寄付は、領収書を出してもらえますか?

台紙が付いた消印漏れの切手は、使用済み切手の扱いになりますので、領収書は発行いたしません。

集めた切手はどうやって整理するのですか?

特に仕分けの必要はありません。また、枚数を数える必要もありません。分け方は、日本の切手と外国の切手だけで良いのです。もし、はがしてしまった切手がありましたら、それは分けた状態で送ってください。 外国の切手も同じです。

外国の切手も集めていますか?

外国の使用済み切手を集めている人も国内にはたくさんいます。ですから、JOCSでは外国の切手も集めています。

いつ送ればいいのですか?

一年中、いつでも受け付けています。

何枚くらい送ればいいのですか?

これも制限は一切ありません。何枚でも受け付けます。ただ、送料のことを考えますと、ある程度ためてからの方が経済的だとは思います。

切手の送り先は?

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-51 日本キリスト教海外医療協力会切手部あてお願いします。
また、大阪にも事務局があります。
〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-30 大阪聖パウロ教会3階 日本キリスト教海外医療協力会関西事務局

送料は負担するのですか?

申し訳ありませんが、送料は各自でご負担くださるようお願い申しあげます。

なぜ送料を負担するのですか?

JOCSが行なっている使用済み切手の収集は、リサイクルのための回収ではなく、国際保健医療協力のための活動です。
みなさまが送料をご負担してくださることにより、使用済み切手から利益を出すことが出来、JOCSの国際保健医療協力のために 役立てることが出来るようになります。
皆さまにはJOCSの趣旨を良くご理解いただいた上で、ご協力をいただきますよう、よろしくお願いします。

送り主の名前や住所は必要ですか?

郵便ですから、必要です。もし受領書など、こちらからの郵便物を受け取りたくないと言う場合などは、受領書不要のむねお知らせください。

ハガキを送る場合、ハガキに記載されている個人情報は守られますか?

個人情報が記載されたハガキは、郵便局で切手や新しいハガキに交換されるまで、厳重に保管いたしますが、気になる方は、黒マジック等で消して、郵送ください。(現在、掲載のお断りがない場合を除いて、ご寄付団体様のお名前は掲載しております)