HOME > JOCSの活動紹介 > JOCSが行っている海外へのワーカー派遣について

ワーカー派遣

ワーカーの派遣

JOCSから海外に派遣する保健医療従事者を「ワーカー」と呼んでいます。 アジアやアフリカの諸団体から送られてくる「ワーカーを派遣してほしい」という要請に応え、これまで70名ほどのワーカーを送り出してきました。 ワーカーの職種は、医師・保健師・助産師・看護師・栄養士・障がい児教育専門家・看護教師です。 近年は、理学療法士や作業療法士など障がい分野のニーズも高くなっています。 1期3年間という長いスパンでのワーカーの活動により、任期終了後は派遣先団体や地域の人々によって活動が引き継がれていくことを願っています。

現在のJOCS派遣ワーカー

ワーカー派遣のしくみ

ワーカーの募集については、会報誌「みんなで生きる」やJOCSホームページ等に随時掲載しています。 応募してきた方、また将来的にワーカーになりたいという方は、JOCSのセミナースタディツアーなどに参加しながら準備を進め、「志願書」を提出します。 その後面接、理事会での承認を経て派遣が決定します。

実際にワーカーになるための応募条件については、ここをクリックして下さい。

  • 活動紹介
  • ワーカー派遣
  • 奨学金支援
  • 協働プロジェクト
  • 使用済み切手運動
  • 会報最新号とバックナンバー
  • キッズJOCS
  • JOCSブログ
  • ニュース
  • 講師派遣プログラム
  • 事務局訪問
  • ネパール大地震支援活動
  • JOCS Facebookページ
  • メールニュース
  • JOCS You Tube チャンネル
  • リンク集
  • かざして募金
  • きしゃぽん
  • Just Giving Japan
  • アカウンタビリティ2012

個人情報の取り扱いについてサイトマップ