HOME>活動内容>ワーカー派遣

活動内容

ワーカー派遣

JOCSから海外に派遣する保健医療従事者を「ワーカー」と呼んでいます。 アジアやアフリカの諸団体から送られてくる「ワーカーを派遣してほしい」という要請に応え、これまで70名ほどのワーカーを送り出してきました。 ワーカーの職種は、医師・栄養士・看護教師・看護師・障がい児教育専門家・助産師・保健師などです。 近年は、理学療法士や作業療法士など障がい分野のニーズも高くなっています。 1期3年間というスパンでのワーカーの活動により、任期終了後は派遣先団体や地域の人々によって活動が引き継がれていくことを願っています。

ワーカー派遣のしくみ

ワーカーの募集については、会報誌「みんなで生きる」やJOCSホームページ等に随時掲載しています。 応募してきた方、また将来的にワーカーになりたいという方は、JOCSのセミナースタディツアーなどに参加しながら準備を進め、「志願書」を提出します。 その後面接、理事会での承認を経て派遣が決定します。

実際にワーカーになるための応募条件については、こちらをご覧ください。

JOCS海外派遣ワーカーの紹介

岩本直美
バングラデシュ派遣ワーカー
(看護師)

山内章子
バングラデシュ派遣ワーカー
(理学療法士)

雨宮春子
タンザニア派遣ワーカー
(助産師)

過去のワーカー派遣実績一覧はこちら>