HOME>活動内容>協働プロジェクト>過去の協働プロジェクト タンザニア 診療統計分析能力強化プロジェクト(2017年3月終了)

活動内容

過去の協働プロジェクト タンザニア 診療統計分析能力強化プロジェクト(2017年3月終了)

プロジェクト期間

2013年9月~2017年3月

対象

タボラ大司教区保健事務所とその傘下の11の保健医療施設(病院、保健センタ ー、診療所)

目的

タボラ大司教区保健事務所が傘下の保健医療施設の診療統計を収集、分析し、各施設にフィードバックできるようにする。

カウンターパート

タンザニア
タボラ大司教区保健事務所

概略

  1. 各保健医療施設が、来院来所した患者の人数、年齢、性別、病名、予防 接種、妊婦健診や出産の状況などに関するデータを収集し、四半期および年次 のデータシートを大司教区保健事務所に提出する。
  2. 大司教区保健事務所は、収集したデータを整理、分析し、大司教区内の 地域ごとの比較や流行している病気の傾向などを各施設と共有する。

プロジェクト実施内容

  • 2012年、2013年の四半期データおよび年次データを収集し、コンピューター への入力作業を行いました。
  • 予防接種の種類や血液検査の項目などに関し、各施設が記入するデータシー トをより現状にあわせたものに修正しました。
  • 大司教区保健事務所が、年に4回各施設を訪問し、巡回指導を行っています。
  • 年に1回研修を行っています。
予防接種の変更を知らせる張り紙
予防接種の変更を知らせる張り紙
医療施設の検査室の様子
医療施設の検査室の様子
医療施設担当者から説明を受ける
医療施設担当者から説明を受ける
来院者の診療記録
来院者の診療記録